子育てしながら、いきいきわくわく!愛知県・岐阜県を中心に活動する元保健室の先生のママコーチ三浦真弓が"子供も家族も自分も大切!"というママたちに送るコーチングサイト

養護教諭とコーチングの類似点

 私は高校3年生で進路を決める時、健康問題に関心があり、医療関係の進路に進もうと思っていました。
しかし、医療関係は病気になった方を健康にするお仕事。
 私がお相手にしたいのは、どちらかというと健康な人。そういう人に、さらに健康な毎日を送ってもらえるような、そういった所で仕事がしたいな…と思いました。
そんな中、学校の養護教諭はそれが実現できる職業だと感じたので、養護教諭の道に進みました。

 そして月日がたち、子どもが生まれ、子育てしつつ働き始めた時に「コーチ」という方に出会いました。
 そしてコーチングというものを受ける機会にめぐまれました。
 コーチングでは、コーチが私の考え方を聞いてくれて、自分の考えが整理整頓されていく気持ちよさがありました。
 話していくうちにどんどん元気になっていく。しかも、これからすべきことが明らかになる。
私が本当に求めていたものはこれだ! と気づきました。

お知らせ

メルマガバックナンバー



メルマガ「ママコーチの本音とたてまえ」隔週配信 登録

 コーチとして、元養護教諭として…いやいや、そんな肩書きに関係なく、一人の親として、こどもには、こんなふうに育ってほしいな…そういう想いがいろいろあります。でも、大切に育てているつもりなんだけど…毎日、どうしてこうなるかなー? 理想的なママの姿は自分自身あるんだけど…分かっちゃいるけど、ママもママ的人生歩んでいるところなので、未熟な点が色々ありますわ。はい、すいませんっ。

 子育ての理想と現実の閒で、どたばたしながらも明るく子育てしている日々の様子や、そこから気づいた子育てのポイントや、お役立ち情報などをメルマガにて、お届けいたします。
 ご興味のある方は、ぜひ、登録なさってくださいね。