みなさま こんばんは☆ 三浦真弓です。

本日、公立小中学校の修了式の愛知県です。

そして、多くの高校で、新入学生のための説明会も行われていたようです。

子どもたちは、1年を締めくくり、新しい学年に向けて、気持ちを
切り替えているところでしょうか。

進学・進級先が楽しみで、ワクワクしているお子様も多いのでしょうね。

みなさんのお宅では、いかがでしょうか。

我が家は、来年度、次女と息子が受験生です。

次女は、少し前から、頑張らないといけないという思いで、塾にも
行き出し、勉強を始めました。

一方、息子くんは、のんびり。。。

親としては、相当気になりますが、

「高校、いこうと思っているの?」

「高校も、勉強しに行くところなんだよ」

と声をかけるのみにしております。

義務教育ではないのだから、勉強したかったら、自分で頑張って
勉強しておくれ。

そんなところです。

気分は、椅子に縛り付けてでも、

「このページを終えるまでは、寝てはダメ」

くらいに言いたいところですけどね(笑)

行動は、メリットがあると思われる方向に出ます。

何かを避けたり、得たり、その行為自体が楽しかったり、周りからの
賞賛を得られるなどが、メリットになります。

時間の使い方として、勉強するよりも、遊ぶ方が楽しいとなれば
行動は遊ぶ方向に出るでしょう。

学びは楽しい!となれば、学ぶのでしょうけどね。

なので、好きな社会以外にも、こんなことがわかって嬉しい!
楽しい!となるよう、工夫をした声かけくらいはしようと思います。

みなさんのご家庭では、お子様が勉強に向かうために、どのような
声をかけていますか?

その声の掛け方は、お子様がメリットを感じられるような内容ですか?

時々、振り返ってみてくださいね。

より良い、声かけになりますように。

春から夏にかけては、子どもの体がグーンと大きくなるときです。

足のサイズも大きくなり、靴がサイズアウトする人もいるのでは。

体の成長を喜びつつ、内面も成長しますように。

*思春期メルマガでは、性のメールセミナーを募集します*

25日から、こちらのメルマガで性のメールセミナーを募集します。

・思春期メルマガ
https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-11433143010.html

医師が、少女が18歳未満と知りながら、わいせつな行為をしたとか
SNS上で、援助交際を募集していただの、

自分の体を大切にできない子どもや、その子どもをねらった、
大人の事件などが、まだまだ、続きます。

ご家庭で、性の話をしていただく参考にしていただければと思います。

---------------
思春期反抗期の子どもの育て方・見守り方講師 三浦真弓

http://coaching-mam.com
http://ameblo.jp/sophia-mayu

名古屋市中区金山1丁目14-9 長谷川ビル8階
---------------
2019/03/23
Category│