みなさま こんばんは☆ 三浦真弓です。

なんと! 今年ももう残り11日となりました。

12月の初め、なんとなく暖かな気候だったためか、それほど冬らしい
印象がないまま、年末が近づいております。

お代わりございませんか?

12月は、文字どおり、バタバタするであろうから、最初からあまり
予定を入れないようにしていたんです。

12月最初の、東京での講座を予定していたくらい。

にもかかわらず、結局、いろいろな募集オンパレードになってしまいました。

だから、やっぱり師走っていうんですかね。

明日から、思春期メルマガの方では、性のメールセミナーの募集を
開始いたします。

・性のメールセミナー
https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12165207740.html

性の話は、「親がしにくい」と言われています。

その理由としては、親自身が自分の親からしてもらっていないので
方法や言葉がわからない、だったり、

そもそも、思春期なので子どもと話がしにくい上に、性の話は
さらにしにくい! だったりします。

その気持ちはわかります。

でも、そのように言っていたら、私たちの子どもも、その子どもに
性の話ができない、ということになってしまいますよね。

性の話は、sexとか避妊の話だけではありません。

もちろん、望まない妊娠は、男子にも女子にも、大きな負担が生まれます。

ただ、いきなり、この問題には到着しません。

女子に、月経が始まり、男子も射精が起こります。

男子の射精は、ママにはわかりにくいものですが、それでも、
声変わりしたり、骨格が丈夫になってきたり、

男子らしく成長している姿は見えてくるんですよね。

じわじわっと、性的な成長が見えてきたら、それをきっかけに
体の話を始めることができるんですよ。

ちょうど、受験もある年頃です。

お勉強に熱心になるかもしれませんが、異性を意識したり、
自分自身の性的な成長にも関心を持つようになる年頃です。

お受験があるから、体の話はできない。。。

ということはないはずです。

むしろ、体の不安で受験勉強に集中できない場合もあるかも
しれませんよ。

ということで、子どもの性的な成長に寄り添うことから逃げず、
関わってあげてくださいね。

こちらの、思春期メルマガから募集開始いたします。

・思春期メルマガ
https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-11433143010.html

---------------
思春期反抗期の子どもの育て方・見守り方講師 三浦真弓

http://coaching-mam.com
http://ameblo.jp/sophia-mayu

名古屋市中区金山1丁目14-9 長谷川ビル8階
---------------
2018/12/21
Category│