みなさま こんばんは☆ 三浦真弓です。

木々が紅葉してきた名古屋です。

みなさんのお住まいエリアはいかがですか?

私の自宅は名古屋とはいえ、田舎の方でして、お散歩ウォーキングに
出かけると、田んぼもあったりします。

大体の田んぼの稲刈り・脱穀も終わったようです。

今年も、残り50日ほどで、計画的に片付けをしていかないとなー
なんて思っているところです。

2学期も、学校での講演にお招きいただいて、お話しさせて
いただいております。

性についてがテーマですと、ママが男の子に対して、どのように
話をしたら良いかな?と悩んでいらっしゃる場面が多いようです。

気持ちは、よく、わかります!

私は、妹と二人姉妹でした。

保健室の先生をしていなかったら、男子の性的な成長は、本などで
学んだことか、どこかで聞いたことくらいしかわからなかったと思います。

しかも、私が子ども時代は、なんだかんだと情報にスキがありました。

誰か、同級生の男子が、どこかからグラビア雑誌を持ってくるとか
先輩からエロい話を聞いてきて、広めてしまうとか。

TVドラマでも、ラブシーンなども頻繁に?出てきましたからね。

刺激的なものが、手軽に手に届かなくなったのは良いのですが
そのぶん、話題になることも減っているのも感じます。

ですから、積極的に子供に伝えねば!と考える方と、どうしたらいいか
わからないですーと言う方に、分かれているようです。

お子様の成長とともに、話題にしていただくのが一番良いと
思っています。

体の変化や成長は、見えてわかることが多いですものね。

それが、話をするきっかけになります。

思春期・反抗期だからと言って、遠慮しなくて良いんですよ。

ただ、中学生くらいになると、男子に対してママが、女子に対して
パパが性的な話題を持っていくのは、避けましょうね。

「ママから(パパから)そんな話は聞きたくなかった」

と言うことが多いですよ。

性的な成長に合わせて、話をすることができるのですが、異性に
対する配慮は少し、考えて見てくださいね。

お子様の心と体の成長について、詳しくお伝えするセミナーを
入門編・応用編として、開催いたします。

・力じゃ勝てない!もうどうしたら良いの? 保健室教諭21年が教える、
思春期・反抗期の子育て入門講座
https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12394801489.html

・力じゃ勝てない!もうどうしたら良いの? 保健室教諭21年が教える、
思春期・反抗期の子育て後期講座
https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12412299569.html

---------------
思春期反抗期の子どもの育て方・見守り方講師 三浦真弓

http://coaching-mam.com
http://ameblo.jp/sophia-mayu

名古屋市中区金山1丁目14-9 長谷川ビル8階
---------------
2018/11/09
Category│