こんばんは☆ 三浦真弓です。

先週やってきた台風21号、みなさんのところに被害はありませんでしたか?

台風一過かと思いきや、また、今週末には沖縄に台風22号が
近づき、その影響で秋雨前線が活発になるようです。

どうぞ、お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、先日、わが家に近いスーパーでお買い物をしていたのですが
お客様感謝デーで、食品が5%引きの日でした。

レジに並んでいたら、後ろに並んだ親子が会話をしていました。

ママ:今日は食品も5%引きなのよ。

子:5パーセント引き?

ママ:買った分の、5%分、安くしてくれるの。5パーセント、わかるかな?

子:わからない~。

ママ:パーセントって百分の一という意味だから、1000円のお買い物で、
50円安くなるってことー。

子:ふ~ん。安くなるっていいね~。

感謝デーでレジも長く、待っている間に、こんな感じで会話が続いていました。

最近は、電子マネーもありますし、クレジットでもお買い物をする場面も多いです。

小さいお子様が使う、おままごとセットでも、クレジットカードや
ポイントカードが用意されている時代です。

実際のお店では、電子的なやりとりが行われていますが
目の前に見えているのは

「カードを渡したら、商品が手に入った」

ということです。

電子的なやりとりの仕組みがわからなくても、利用することは可能ですよね。

でも、仕組みは知らなくていいのかな???

先日、11月5日に開催する大学入試セミナーの打ち合わせ後に
お話をしていたとき

日本の電化製品の修理は、結局、修理部品の取り替えだよね

という話題になりました。

上手く作動しない部分を、技術力で作動するようにするのではなく
部品を取り替えることで、作動するようになっているものが多いです。

もちろん、小さな部品や電子回路が絡んでいるものが多いので
そういうことにもなるのでしょうが…

たとえ、部品の交換だけだとしても、機械の動作や仕組みをしって
交換してくださる方の方が、ほかのエラーにも気づきやすい気がしています。

先の、レジの親子の会話も、もしかしたら、パーセントと言うことを
知識として伝えたかっただけなのかもしれません。

でも、知らずに、5%引かれているのではなくて、今日はそういう日で、
買った分の5%なんだよ。

さて、いくらなんだろうね?

そういう会話をすることで、見えないお金のやりとりも伝えたかったのかもしれません。

なんでも電子化が進んでいます。

便利です。

お子様にも使用させたい気持ちもわかります。

でも、大元の仕組みも伝えられるのであれば、伝えて欲しいと思っています。

アップル社のスティーブジョブズはお子様に電子機器を
つかわせなかったという有名なお話があります。

子どもの社交性を育てるためと言われていますが、物事の
仕組みを知るためにも、子どもには、物事のしくみや様子が
みてわかる生活を取り入れてあげて欲しいと思います。

それが、難しい場面は、こんなふうになってるんだよ~と
お話しいただけたらと思います。

*11月5日小中学生の親のための大学入試セミナー*

初の、愛知県豊田市開催です。

・小中学生の親のための大学入試セミナー(詳細とお申し込み)
 https://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12202161819.html

2017/10/26
Category│