こんばんは☆ 三浦真弓です。

いよいよ梅雨入りした割には雨も多くなく、じめじめしていない名古屋です。

みなさんのところはいかがでしょうか?

さて、昨日、名古屋市守山生涯学習センターにて、思春期の子育ての公開講座で講師を務めてまいりました。

保健室からみた思春期の子どもの心についてお話させていただきました。

いったい、思春期の子どもに対して、どこまで親は本音で接してもよいのでしょうね。

心の奥底では、誠実に、いつも、本音でいてもらいたいと思っています。

でも、本音をいつもぶつけてよいのか?

本音をぶつけることで、親の想い通りにしようと思うのであれば、それは、子どもから反発を食らいます。

かといって、子どもの言いなりになるわけにはいきません。

ですから、親の想いを伝え、子どもの想いを分かってあげたのちは、
子ども自身が自分でできそうなことや、チャレンジしたいことは親と意見が違っても、OKを出していく必要がありますね。

そこで、子どもが失敗しようが、後悔しようが見守りましょう。

命にかかわらない限りは、手出しをしない方がよいと思われます。

「あなたの想いはわかった。親としては、このように考えているのよ。でも、あなたがそうしたいのであれば、してみなさい」

と言える範囲、状況、覚悟を決めていくことが大切ですね。

それが、子どもの自立につながり、親側からみると子離れにもなっていくことでしょう。

その後、お子さまももっと成長すると、同じ立ち位置で、意見を言い合える関係になりますよ。

そうなったら、また、リアルな本音でお互いに話ができるようにもなりますね。

★思春期メルマガでは…★

ただ今、下記の2つについて募集中です。

性のメールセミナーは明日までです。

・性のメールセミナー(6月10日まで)
 http://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12165207740.html

*貿易ゲーム

瀬戸市や尾張旭市の小学生が、キャリア教育にと入りれているものです。

・7月4日(月)貿易ゲーム(名古屋市中区・コーチングステーションにて)
 http://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-12157930806.html

2016/06/10
Category│