みなさま こんにちは! 三浦真弓です。

GWはいかがお過ごしでしたか?

GWが終わり、気候がよくなり、学校生活が順調に進み、お子様に
よっては、疲れがたまってくる時期です。

修学旅行や野外教育活動のような宿泊研修があったり、定期テストが
近づいていませんか?

学年が上がって、順調に学校生活や部活動に励んでいたら、安心でしょう。

一方で、やる気が見られなかったり、元気がなかったりすると、
お子様の気になる点ば、重点的に気になるようになっていきます。

そして、子どもにあれこれ、注意したくなるんですよね。

「子どものため」ですよね。

ね?

いや、本当にそうでしょうか?

親の自分が、安心したいから…なんていうことはないでしょうか。

子どものために「よかれと思って」親は何かをしてあげることが
多いものです。

それは親の愛なので、悪くはありません。

が、本当に子どものためになっているのかな…というのは、ときに
お茶でもしながら考えてみてくださいね。

お茶でもしながら、というのは、直接子どもが目の前にいるときは
今まで通りの行動や態度に出ることが多いですからね。

ときに、同じことをお隣のママがしていたら?なんていう目で
自分の親としての姿を振り返ってみるのもよいかもしれません。

「子どものため」「よかれと思って」

本当にそうかしら?

子どもが自分で伸びていこうとするのを、妨げてはいないかしら?

考えてみてくださいねー♪

◆性のメールセミナーをご紹介中◆

もう一つのメルマガ「思春期メルマガ」では、今、思春期の男の子に
ついてを特集してお届けしています。

思春期の男の子あるあるの事例から、思春期の特徴を知っていただき
子育てに役立てていただこうという内容になっています。

そして、来週には、性のメールセミナーをご紹介する予定です。

よろしかったらこちらも、ご覧ください。

・思春期前の子を持つ母親のための10日間無料メールセミナー
 http://ameblo.jp/sophia-mayu/entry-11433143010.html

2016/05/20
Category│