子育てしながら、いきいきわくわく!愛知県・岐阜県を中心に活動する元保健室の先生のママコーチ三浦真弓が"子供も家族も自分も大切!"というママたちに送るコーチングサイト

コーチプロフィール

三浦真弓 写真

三浦真弓 コーチングマーム代表

公立中学校養護教諭(保健室の先生)として19年間勤務。保健室に来る生徒の本音を引き出し、`いきいき'させるコーチングアプローチで、3000人以上の生徒の心の声を聞いてきた。保健室で聞き取った生徒の声を、温かく授業に反映させる保健授業は、他の先生方・生徒からも好評を得ていた。
育児期間中、親子のコミュニケーションを改善したり、人間関係を向上させることで、子どもたちの笑顔が輝くことを実感。子どもの成長と共に、大人も成長する必要性に気づき、成長する親子を応援するコーチングセミナーを開催中。親自身が家事育児などに奮闘しながらも、自分自身の大好きなことにもエネルギーを注いで、今よりもいきいきワクワク輝くことを応援している。
長女の子育て中に出会った、シュタイナー教育の、子どもの持って生まれた人生の役割を輝かせる考え方に魅了され、転居・転園を実現。シュタイナー教育を実践している幼稚園や土曜学校で運営委員としても活動中。2女1男の母。


資格

(財) 生涯学習開発財団認定コーチ
一般財団法人しつもん財団魔法の質問キッズインストラクター
養護教諭1種
中学校教諭1種(保健)
高等学校教諭1種(保健)

所属団体等

いつまでも愛され続けるプロコーチプログラム 1期生


ごあいさつ

私は高校3年生で進路を決める時、健康問題に関心があり、医療関係の進路に進もうと思っていました。
しかし、医療関係は病気になった方を健康にするお仕事。
私がお相手にしたいのは、どちらかというと健康な人。そういう人に、さらに健康な毎日を送ってもらえるような、そういった所で仕事がしたいな…と思いました。
そんな中、学校の養護教諭はそれが実現できる職業だと感じたので、養護教諭の道に進みました。
そして月日がたち、子どもが生まれ、子育てしつつ働き始めた時に「コーチ」という方に出会いました。
そしてコーチングというものを受ける機会にめぐまれました。
コーチングでは、コーチが私の考え方を聞いてくれて、自分の考えが整理整頓されていく気持ちよさがありました。
話していくうちにどんどん元気になっていく。しかも、これからすべきことが明らかになる。
私が本当に求めていたものはこれだ! と気づきました
コーチングを受けることで、進路に迷っていた高校生のとき、私が求めていた感覚が実感できました。

コーチングとは、相手にスポットを当てて相手の話を聞いていくことです。
そうされることで相手は自ら考えていきます。
自ら答えを見つけるととても気持ちがすっきりし、そして自然に行動が生まれてきます。

そんなコーチングを今では、3人の子どもの子育て中に使っています。
例えば、コーチングを学ぶ前は、子どもが考えているときに、つい、大人の視点で進む方向を示してしまいがちでしたが、コーチングを学んでからは、大人の意見を先に提示することなく、子どもが考えをまとめるまで、まとめるのを促したり、私の意見を言うのを待ったりできるようになりました。子どもも以前より自分に自信を持って色々な行動ができるようになっていると感じます。
また、PTA活動の中でも、行事の話し合いのときに、コーチングのスキルを使用してコミュニケーションをとることで、運営がスムーズに行った経験もしました。子育ての大変さや家庭のことに振り回されがちになるのですが、コーチングを受けることで一歩引いた視点に立って子どもや家庭のことを冷静に見ることができるようになりました。

私はコーチングを、自分自身を成長させ、人と人とのコミュニケーションを円滑にするツールとして利用しています。
これからのコーチング人生の先にはハッピーな毎日が待っている…そんな予感がしています。


会社概要

名 称   コーチング・マーム
開 業   2011年5月
所在地  〒460-0022愛知県名古屋市中区金山一丁目14-9 長谷川ビル8F
連絡先  e-mail:mayumi@coaching-mam.com
        TEL:  052-265-7571
        FAX:  052-265-7572
事業内容コーチングプログラムの提供
        コーチングによる研修および講演の実施
        セミナー・イベントの企画、開催、講師
定休日  土日祝祭日(セミナー開催時においては、この限りではありません)
営業時間9時~17時(コーチングセッションにおいては、この限りではありません)


三浦真弓のおすすめはこちら→