● 金山駅のような都会のビルにいるときの防災について、考えました!

こんにちは! 三浦真弓です。

今日は、金山総合駅から徒歩1分のコーチング・ステーション(長谷川ビル)にて、防災サミットを開催しました。

そもそも自宅以外の場所にいるとき、ビルの8階にいるとき、災害に遭ったらなんて考えたことありますか?

たくさんの意見が出されました。

金山総合駅は、JRも名鉄も地下鉄もあります。

とても便利なばしょなのですが、そのために、災害時には人があふれる可能性もあります。

そんなときに、どのように情報を得るとよいのでしょう?

また、自宅へ帰った方がよいの? 

帰らない方がよいの?

そもそも、帰ることはできるの?

いろいろなことが考えられました。

たくさんの人のたくさんの情報にまどわされないように、今、一緒にいる人がいるのなら、しばらくは一緒にいた方がよいようです。

この先どうしたらよいか、一人で考えるとパニックになりそうです。

また、たくさんの人がいるのなら、その中に、医療従事者がいないかな?いたら、けがをしている人を見てもらえるとよいですよね。

そのような考え方もできるといいですよね。

愛知県内には、すでに防災・減災について取り組まれてきている方々がたくさんいらっしゃいます。

今回の防災サミットには、これまで取り組まれてきた方がお越しくださいました。

そして、新たにつながりができました。

ますます、つながりを広げ、私たち一人一人の意識を高めて、防災・減災に取り組んでいきたいですね。

この先は、年明け1月13日に港区で、1月31日には春日井市で開催いたします。

防災について考えたい方は、お気軽にお出かけくださいね。

2016/12/17
Category│