子育てしながら、いきいきわくわく!愛知県・岐阜県を中心に活動する元保健室の先生のママコーチ三浦真弓が"子供も家族も自分も大切!"というママたちに送るコーチングサイト

いきいきわくわくママ紹介

いきいきわくわくママ紹介 vol.12

NPO法人(申請中)「あいちかすがいっこ」代表 内田朋代さん
NPO法人「あいちかすがいっこ」代表  
  内田朋代さん

HPはこちら »
インタビュー日:2014年05月
場所:春日井市

◆引きこもり育児をされていたらしいのですが?

まゆみ:今日は、あいちかすがいっこ代表の内田朋代さんにインタビューさせていただきます。よろしくお願いします。
 朋代:お願いします。
まゆみ:2月に開催された「ママの文化祭」では、代表として大活躍されていましたね。その前に、子育てママサークル「あんじゅ」の代表だったということなのですが、いつもどこかで「引きこもり育児をしていた」という話を聞くんです。引きこもり育児と子育てママサークルの代表というのが、全然つながらないので、そのあたりのお話から、聞かせていただけますか?
朋代:はい。結婚して春日井に住むことになったのですが、全然知り合いのいない場所だったのですね。あと、妊娠して、つわりがひどくて、どこにも出かけようという気持ちになれなかったのと、車の免許がなくて、運転もできなかったのです!
まゆみ:あ、ご出身は…
朋代:東京で、ぜんぜん、免許なんていらなかったんですよー。でも、春日井に来たら、車がないと動けない…ということもあり、妊娠中に、自動車学校に行くことになりました。でも、知り合いはいないので、結局、妊娠中の行き先は、産婦人科と自動車学校だけみたいな。
まゆみ:そうだったんですか!
朋代:あとは、お姑さんが洋裁が得意だったので、洋裁を教えてもらっていました。それで、雑貨を色々作るようになり、商品を作って、気に入ってもらえた楽しさを知りました。それが今の、雑貨屋さん(「ちょこかん」http://www.chocokan.jp/ 春日井市鳥居松2-238)につながっています。
まゆみ:なるほどー。で、サークルは…
朋代:そのころ、mixiの時代で、情報をそこから得ていたんですね。で、例えば、雑貨屋さんに出かけるとか、サークルに行くとかあるときに、車がないので「どうしよう」というと「そこ、通るから、迎えに行ってあげるよー」という人がいてくれたり、声をかけてくれる人がいたりしたのです。すごく助かりました。
まゆみ:おお~いいですねー。
朋代:ええ。で、ここから瀬戸のヨガサークルに行ったんです。それは、8年程前ですけど、当時、春日井には子連れで参加できるヨガサークルがなくて、春日井でもやってみようかなと思い、mixiで声をかけていきました。
まゆみ:春日井でできたら、いいですよね。
朋代:そうなんですよ~。そう思ったのですが、何と、場所を借りられないんですよね!
まゆみ:場所ですか?
朋代:ええ。公民館とか、借りられそうなところをいろいろあたったのですが「子どものための親子講座」なら、貸してくれるっていうんですよ。でも、当時は、母親のためのリフレッシュ講座だと、貸せないと言われました。
まゆみ:え!そうなんですか?親子で集まってくるんだから、そんなに大きく違わないような…そんな気もするのですが…
朋代:ええ、それでも、「子どものため」なら貸せるけど「母親」のためには、貸せないって言われたんです。一生懸命子育てをしている母親を支援しないで、何が子育て支援なんだー!?と思い、そこを替えていかないといけない!と、強く思いました。

◆子育てサークル「あんじゅ」誕生

まゆみ:なるほど。それで、サークルを立ち上げていかれたんですね!?
朋代:はい。mixiでハンドメイドママサークルを立ち上げて、それで、中日新聞春日井支局さんと、つながりました。そのご縁で、2011年1月に、想いを伝えに行って、新聞記事にしていただいて以降、子育てサークル「あんじゅ」が市民団体として認定されました。いろんな講座をすることができるようになって、活動にかかわる組織を作り上げていきました。
まゆみ:おお~今度は順調な感じですね。でも、そのサークルの運営についてなどは、どこかで学ばれたんですか?どうしてそんなに上手くいったんですか?
朋代:それはですね、ママヨガサークルを立ち上げたり、雑貨つくって販売したり…のときに、隣の市の子育て支援団体に少しかかわっていたんです。そこで学ばせてもらったことが、役に立ちました。
まゆみ:そうだったのですね~。
朋代:はい。あと、ハンドメイドで雑貨を作っていたことから、子どもを中心とした「ママ友」つながりだけでなくて、「趣味でつながる友達」ができていました。そのことも、私にとっては、春日井はすみやすい街になっていました。
まゆみ:行き先が、自動車学校と産婦人科しかなかった時代とは大違いですね(笑)

朋代:そうですねー(笑)

◆NPO「あいちかすがいっこ」の立ち上げ

まゆみ:そして次は、この2月に開催した「ママの文化祭」というかNPO法人の「あいちかすがいっこ」へつながっていくのですね。子育て支援サークル「あんじゅ」から、どのように変わってこられたのですか?
朋代:「あんじゅ」を立ち上げて、1年目は、サークルがうまく継続していくように頑張りました。2年目は、活動の基盤づくり。3年目は、これからの活動をどうするか?考えました。あんじゅ自体を、NPOにしようかな?と思ったこともあるんです。他地域には、子育て支援サークルが、そのままNPO法人として認められた団体もあるんです。
まゆみ:なるほど、なるほど。
朋代:でも、春日井市は、30万人都市で、子育て支援の団体が、とてもたくさんありました。その中で、あんじゅをNPO法人にするべきか、そうすることがよいことなのか、いろいろ考えたんですね。そのときに、春日井市内のたくさんの子育て支援団体が、みんなそれぞれ、単体で活動しているということに気づき、プチサミットを開きました。そこで、地域の課題が見えてきて、それを解決するために、今、あいちかすがいっこの副代表をしてくれている松元永己と取り組むことに決めました。そして、年に一度、みんなが集まれると目標になるよねーということで、「ママの文化祭」を開催したんです。
まゆみ:そうだったんですねー!
朋代:そうなんです~
まゆみ:私自身は、その過程を知らずに「ママの文化祭」に参加させていただきました。朋代さんと、永己さん、みのりさんの3人で、会場の春日井市総合体育館周辺の大渋滞を引き起こすような、人を集められるなんて、この人たち、乳幼児さんを育てながらすごすぎるーって思っていたんですよ(笑)
朋代:(笑)あんじゅ時代、まじめに、活動してきて、館長さんたちに信頼を得られるような、実績が作れたことも大きかったかなと思います。
まゆみ:すごいです~。
朋代:でも、子育て支援サークルに来られる人のアンケートで、「子育ての友達がいない」「子育ての情報がない」「ここなら何かあるのでは、と思ってきた」という答えがあり、昔の私と同じなんですよね。子育てしているママたちの悩みの環境は、全然変わっていないんです。いいサークルを広める人がいないと、家の中で育児をしている人を救えないので、「あいちかすがいっこ」が、子育てしている人と、子育て支援団体の中間支援ができるといいなと思っています。
まゆみ:春日井の子育て環境、絶対によくなりますねー♪
all.jpg

◆これからの夢を教えてください!

朋代:でも、まだまだやることはいっぱいあるので、頑張っていきます!
まゆみ:そうですね。また、ママの文化祭も開催されるんですものね。
朋代:はい。初めて開催した今年の2月は、予想以上…といっても、3000人くらいかなって読んでいましたけど(笑)今年はさらなる工夫をしたいと思います。
まゆみ:楽しみにしています~朋代さんご自身は、将来はどのような夢をお持ちなのですか?
朋代:私ですかー。うーん…将来は、子育て支援と老人ホームかな。
まゆみ:え?(笑)
朋代:子育て支援ができ、老人ホームでもある施設を作りたいですねー。住宅付きの!子どもからお年寄りの方まで、一緒に暮らしながら、その方々の支援ができたら…と思います。
まゆみ:おお~その中でも、活躍されるんですね。
朋代:あ、いや、そこでは、縁側で昼寝したいです(笑)寝たい時に眠れる人生がいいなー(笑)
まゆみ:あぁいいですね~いまは、眠くても寝られない毎日になっていますものね(笑)でも、すてきな想いとすてきな活動ですものね。「あいちかすがいっこ」を応援したいという方も、たくさんいらっしゃると思います。春日井の子育てが楽しく、充実したものになりますように「あいちかすがいっこ」の活動を、応援しています。ありがとうございました

インタビューをおえて 

朋代さんに初めてであったのは、ウインクあいちで3年ほど前に開催されたママイベントでした。そのときは、子育て支援サークル「あんじゅ」の代表をされていて、雑貨を作られている方という出会いでした。ただ、そのとき「あんじゅ」の案内をいただいたとき、この人、ただの作家さんじゃないなーというのを感じたのを覚えています。

そして、2度目の出会いは、春日井で開催されたひろっしゅコーチの「ママイキ」 あぁ~以前お会いしたことがある「あんじゅ」の方ですかー。でも、やっぱり何か違う…(笑) 能ある鷹は爪を隠すというように、朋代さんは、その場所場所に合わせて、ご自分の発するオーラを控えて?おられました。

春日井市で子育て関係の会議をされているときの朋代さんは、当然頼りになる代表!です。ご自分の故郷でもない、嫁に来た春日井市で、自分が子育てに苦労したことを、同じママたちに味あわせないよう、そして、子育てしやすい環境になるように活動されている姿に感動を覚えています。住みにくい、子育てしにくいことに対して、苦情を言うことならだれでもできます。苦情でなく、自分たちも動くから、行政さんもこんなことをお願いします!と、ときに子連れで、ときに夜の会議に出席される「あいちかすがいっこ」の彼女たち。7月2日にはNPOの設立総会を終え、法人化の認定決定を今、待っているところです。そして、9月5日、雑貨屋「ちょこかん」内に、子育て情報発信基地「あいちかすがいっこ」をオープンしました。 これからの「あいちかすがいっこ」の発展、朋代さんのご活躍を楽しみに、インタビューを終えました。 ありがとうございました。

◆あいちかすがいっこ◆
2014年7月2日に設立総会を終え、NPO申請中
http://ameblo.jp/kasugai-kosodate/

◆ちょこかん◆
春日井市の子育て情報発信基地としてオープン(2014年9月5日)
http://www.chocokan.jp/

すてきなインタビューをありがとうございました。

いかがでしたか?
あなたの周りにいらっしゃる、すてきなわくわくママをこれからもご紹介していきます。
どうぞお楽しみに♪


いきいきわくわくママリストに戻る→