子育てしながら、いきいきわくわく!愛知県・岐阜県を中心に活動する元保健室の先生のママコーチ三浦真弓が"子供も家族も自分も大切!"というママたちに送るコーチングサイト

いきいきわくわくママ紹介

いきいきわくわくママ紹介 vol.1

NPO法人うめの森ヴァルドルフ子ども園教師 後藤寛子先生
NPO法人うめの森ヴァルドルフ子ども園教師
後藤寛子先生

プロフィールはこちら »
インタビュー日:2011年5月
場所:名古屋市昭和区

◆いきいきわくわくお元気な秘訣は?

まゆみ:今日は、いきいきわくわくママにインタビューと言うことで、わが子が3人お世話になった幼稚園の教師、後藤寛子先生にお越しいただきました。よろしくお願いいたします。毎日、いきいきわくわく過ごしておられるママ…と思ったときに何人か頭に浮かんだのですが、家族全員、わたしの母も、寛子先生のいつも明るく、いきいきとお元気な姿のファンです。そのいきいきわくわくお元気な秘訣は何ですか?

寛子:笑うことですね。品のいいユーモアで…
まゆみ:笑うこと…ですか?
寛子:そう、笑うこと。自分のことで笑ってもらうとか、出来事を楽しく話すとか、いろいろできるのよ。何とでもできるわよ。(笑)
まゆみ:そうですか~何とでもできるのですね。(笑)では、いつまでも、若々しい秘訣は何すか?
寛子:それね、どちらも(毎日いきいきわくわく元気なことと、いつまでも若々しいこと)一緒よ。笑わなくなったら、おしまいなの!

まゆみ:おしまいですか(笑) でも、普段は笑うことができても、例えば、家庭でパートナーシップになると、なかなか笑えない…という声もよく聴きます。その点、寛子先生は、職場もご一緒ですし、朝から夜まで健太先生(パートナー)とご一緒なんですが、ステキなパートナーシップの秘訣は何ですか?

◆ステキなパートナーシップの秘訣は何ですか?

寛子:それは、『あまり、指摘されたことにこだわらない』ということです。
まゆみ:え? こだわらない???
寛子:そう。それに、相手に「やってよ~、やってよ!」って思ってもやってくれないことは、自分でやるの。
まゆみ:自分でやるんですか…
寛子:そう。「腹をたてると、寿命が縮まる! とか、わたしがきれいでなくなるわ♪」って思えば、腹たてるのをやめておこうって思うのよ(大爆笑)
まゆみ:(大爆笑) きれいでなくなっちゃうのですか!(笑) 大変ですね!(笑)
寛子:それ、こまるでしょ?(笑) なので、これをやっておくって知らなかったか…とか、これをしてくれる手がなかったか…とか、ここにおいてあるってみえる目がなかったか…とか、思い替えるかな。
まゆみ:そうですか、思い替えるのですね!
寛子:そう。でもね、それでも自分の体調が悪かったりして、どうにもならないときは、嫌なことがあっても、「ありがとうございます」って言い続けて、自分でしますよ。そうすることで、やれるんです

まゆみ:すてきですね☆ 寛子先生の場合、ご結婚されてお舅さんやお姑さんも職場でご一緒だった時期もありますし、今でも、お姑さんとはお隣に住んでいらっしゃいますし、そんな中でも明るく楽しく子育てをされてきた秘訣はなんですか?
寛子:遠慮しないことです。お舅さんやお姑さんと言っても。かわいく「おばあちゃん」と言ったり… 年を取っている人は、子どもと同じなので、ありがとうって言ってあげましょう。とは言っても若いママたちには、難しいかも知れないけれど、さっきの旦那さんのことも同じですが、子どもたちに、自分がしているそのやりとりを見せられるかどうかがポイントですね。子どもって言うのは、わが子だけじゃなくて、一般的などの子どもにもよ。どの子どもにも見せることができるやりとりをしていたら、大丈夫よ。

◆子育ての理想と現実のギャップに悩まれたことは?

まゆみ:そうですか。子どもたちに見せられるかって考えたらいいのですね。寛子先生は幼稚園教師ですが、実際に二人のお嬢さんを育てていらっしゃるときに、子育ての理想と現実のギャップに悩まれたことはありましたか?
寛子:理想と現実ね…子育てで思うようにならないって言うのは、『思うよう』っていうのが、大人が決めていることなの。その子の成長とか、過程から出てきたものじゃないのよね。なので、その子がやりたいようにやるしかないと言うか、親は見守るしかないですね。その子が選ぶ道は、見守るしかない…子どもが小さいうちは、親が決めていくこともあるけれど、大きくなったら信頼して任せていくしか…。でも、それでいいのよ。任せると、大人が思ってもみないことをやるのではないかと心配かもしれないけれど、いろんな子がいていいじゃない。子ども園の子どもたちも、いろいろな仕事に就くでしょうね。子ども園を卒園した子どもたちが、どんなふうに育っていくのかすごく楽しみなの♪ いろんな仕事に就く中で、だれか、一人でも、保育者になってくれるような子どもがでてきたら、それは、本当に嬉しいね~♪

まゆみ:そうですね。夢まで語っていただけて、とても嬉しいです。今日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。

インタビューをおえて
わが子の先生として、は、もちろん、プライベートでお会いしても、いつも、いきいきわくわくニコニコてきぱきされている寛子先生。いきいきわくわくの秘訣が「笑うこと」とおっしゃられるとおり、インタビューの間中、ずっと笑っておられました。そして、ご自身のことを伺っているのに、話されているうちに、「今の若いお母さんたちには、こんなふうに伝えると分かってもらえるかな~」とか「子ども園の子どもたちがね…」というように、常に保育者目線になっておられました。さすが、小さいときから将来は幼稚園の先生になる! と思っておられただけのことはあり、天職なんですね♪
大爆笑のインタビュー、寛子先生、ありがとうございました♪

いかがでしたか?
あなたの周りにいらっしゃる、すてきなわくわくママをこれからもご紹介していきます。
どうぞお楽しみに♪


いきいきわくわくママリストに戻る→